気になる病院での治療について

包茎は病院の治療で治せる

包茎であることがコンプレックスで悩んでいる男性は少なくありません。しかし包茎は治療で治すことができます。包茎には仮性包茎・カントン包茎・真性包茎があります。仮性包茎は自力で亀頭を露出させることができますが、普段は皮が被った状態です。カントン包茎は無理に亀頭を露出させると、元に戻せず腫れてしまうことがあります。真性包茎は、自力で露出させることが難しく、セックスにも支障をきたしてしまいます。
これらの包茎は手術で治すことができます。デリケートな部位なので異性に見られるのが恥ずかしいという場合は、男性スタッフオンリーの病院もあります。最初に丁寧なカウンセリングがあり、それから実際の施術に映ります。術後のアフターケアもしっかりしてもらえます。

具体的な治療内容について

包茎は、被ってしまっている余分な皮を切除する手術によって治療します。ペニスに傷が残ることが気になる場合は、傷を残さないことにこだわりを持っているクリニックを選びます。また、多少傷が残っても早めに手術時間を終わらせたい、できるだけ痛くないようにしたい、予算を抑えたいという場合にはそういったクリニックを選びます。一生に関わることなので、自分の希望に合わせて慎重に病院選びをすることが大切です。
また、包茎手術後の修正手術を行っているクリニックもあります。手術後、仕上がりが気に入らないという際に修正してもらうことが可能です。
手術ではなく、矯正器具で包茎を治すという方法もあります。リングタイプ、下着タイプ、接着剤タイプがあります。矯正器具についてもクリニックで相談に乗ってもらえます。