これでいざというときに恥ずかしくない

包茎の治療メリットについて

亀頭が皮に覆われている状態の包茎。恥ずかしくてなかなか受けにくいかも知れませんが、実は包茎手術をすることでメリットがあります。まず衛生的になることです。亀頭が露出することで蒸れて雑菌も繁殖しにくく洗いやすくなるので衛生的になります。垢やカスも溜まりにくくなるので、臭いも軽減します。
また性交渉する上でも嬉しいことがあります。皮が被ったままですと勃起したときに痛みがあったり大きくなりにくいので性交渉に集中できませんが、包茎手術をすることで皮に邪魔されにくく大きくなることができます。また早濡で悩んでいる人は下着で直接亀頭が擦れるようになり亀頭が強くなるので早濡の防止にも繋がり性交渉にも自信が持てるようになります。

包茎の手術方法について

まず治療する前に麻酔をしますが、何回にも分けて麻酔をかけるので全く痛みがありません。手術前には患者さんとの綿密な話し合いでデザインを決めるので自然な仕上がりになれます。
麻酔をかけたら、余っている皮を切ります。切ったところを溶ける糸で丁寧に縫い合わせます。麻酔は一時間ほどで切れますが、手術は15分前後で終わります。その後は飲み薬で痛みを抑えるという形になります。溶ける糸をつかう病院がおおく、仕上がりも自然で術後の傷も目立たないので安心して温泉にも行くことはできます。その後病院に再診にいって見せにいくところもあれば、そのまま何もなければ来る必要がないというところがあります。手術は日帰りでできるので、なかなか休めないとうひとでも安心していくことができます。