治療期間と費用について

包茎の際の治療期間はどれぐらい…?

包茎手術と一概にいっても、一体どんなものなのかイメージが沸かないものですよね…。その中でも特に気になる部分の一つというのが、包茎手術は総合してどれぐらいの治療期間になるかという事でしょう…。特に社会人にもなると、あまり時間がかかるようだと包茎手術を受けられないとお悩みの方も多いかもしれません。
まず包茎手術自体は基本的に日帰りで帰れる事が多く、よほどの事がない限りは入院ということはありえません。仕事に復帰する目安ですが、肉体労働でしたら数日は待った方が良いですが、その他の仕事でしたら、次の日には仕事復帰も可能です。
包茎手術の場合は土日に予約を入れる事が出来るクリニックも多いですので、自分の予定と相談して予約を入れると良いです。

包茎手術の際の費用の目安は…?

では、包茎手術の際の費用は大体どのぐらいのものになるのでしょうか…。これは、包茎の度合いにもよるのですが、一般的な仮性包茎の場合は、大体多くても20万円、少なくて10万円ちょっとといった感じで考えても良いのでは無いでしょうか…。
基本的には保険適用は難しいので、実費で払う事になりますので、どうしてもある程度のお金が出ていく事は覚悟する必要がありますが、昔の手術に比べますと払えない額では無くなってきていますので、包茎手術を受ける人は増えてきています。
また、真性包茎の場合は保険適用をされる場合もありますので、もしも自分が真性包茎で包茎手術を受けようと思うのでしたら、真性包茎を保険適用で手術するクリニックでされるとお得です。